感じるリアルはオンラインでは分からなかった

【くまはチョコパイを片手に】
まず愛があって
でも、愛だけじゃなくて
哀しくて苦しくて
・・・でもやっぱり愛しくて
ごちゃ混ぜな気持ちが本当だと思う
そういう物語を絵本にしようとしていましたが、、、
あまり進みませんでした・笑

2020年はどんな1年だったろう
大晦日に振り返ってみようとしたけども
・・・
いや、もう、どんなってさ
新コロの1年だった気がします。。
あと、引越しの1年

海外旅行には行けず
国内旅行やお出かけもなんだかビクビク
そんな1年だった

けど、いま、こうして改めてこの1年の自分を振り返って
気づいたことがあります

他者との接触、距離感、会話、食事
そういったことにこれほど神経をすり減らしたことは
これまでありませんでした

直接会って、話すこと
同じ空間に身を置くこと
オンラインじゃなくて
生身に触れて感じること
人も、空間も、場所も、風景も、食べ物も

新コロが与えてくれたものは
(前向きな表現で言うなら)
オンライン会議が可能であることが分かるとか
新しい働き方暮らし方とかあると思うけど
それには基本的に大賛成なんだけど

私がこの1年でつくづく感じたのは
感じるリアルはオンラインでは分からなかった
ということでした

体感できることが素晴らしい
人も場所も
空気の重さも、冷たさも
道路の硬さも、くすみ具合も
自然の儚さも
この身体で触れることが幸せ

それと
ステイホームな時間が多く
お出かけでの刺激が減ったことで
そもそもの自分について考える時間がたくさんありました
自分が今本当にしたいことって何か?
と向き合う時間が多かったというか。。

それで気づいた自分にびっくり、、、というか
動揺した。。

心の奥深くまで見つめると
自分の気持ちに動揺してしまうことがある
もしかしてこれは
勘違いなんじゃないかと思ったりする

新コロが教えてくれたもの
それに、私は動揺しました
あまり認めたくなかったし、勘違いだろうと思おうとした
けど、どうやらそうじゃないらしい

楽しいことや美しいこと
嬉しいことや心地いいこと
そういうもので満たされていれば
幸せかというと
どうやらそうでもないらしい・・・
幸せと感じるかどうかは
優しく温かい真綿のようなものにくるまれていることではなかったみたい


苦しいことも悲しいことも辛いことも含めて
私にとっての幸せは、リアルに体感できるところにある
今は、そう感じています

2021年は、心のままにリアルな体感を増やしていこうと思う
戻りたいと思うところには戻ろうと思う

Merry Christmas

all you need is love
愛こそすべて
…英語いろいろ間違ってしまいましたが
雰囲気でクリスマスカードをお楽しみください

皆さま、素敵なクリスマスを☆
この二人は、今作成している絵本の主人公たちです
2021年の春までには絵本を完成させたい

そして、2020年も残すところ10日ですが、
転居することになりました
・・・自分でもびっくりです・笑
仙台にはあと1、2年住んでみたかったな。。
まだご紹介していない仙台の素敵カフェさんが何軒かあるので
ゆっくりペースですが、イラストと共に今後もご紹介予定です


次の住まいに慣れたら、またほっこりスポットを探したい

日本三景松島の美しさに涙した隠れ宿〜松島佐勘 松庵

仙台藩主 伊達政宗公も悠久の松島を愛でただろうか
・・・そんな妄想も楽しい
日本三景と戦国武将って似合うなぁ・・・美しいだろうな
※イメージです
※長髪が好きなので政宗さまも長髪にしちゃいました

長い年月の間には、幾度も幾度も地震や津波があったと思う・・・
けれど残ってきたもの
尊いです

手が届くような距離で松島を楽しむことができる
松島湾の岬の一軒宿「松島佐勘 松庵」
部屋からの風景が素晴らしかった

静かで厳かな松島
長い時を経ても、そこにある自然美に泣けた
夜明け前が特に素晴らしい

まるで湖のように凪ぐ入江
ときが止まっているみたい

テラスから入江まで手が届きそうな距離です

お料理は雅
はらこ飯
大好きです
朝食のデザート
サービスの仕方がとっても上品で素敵だなって

LINEトラベルjpで詳しくレポしました↓
https://www.travel.co.jp/guide/article/45539/
【日本三景・松島の美しさと溶け合うお宿「松島佐勘 松庵」】
お部屋の様子やお料理も紹介しています
ぜひご参考にしてください

石巻・浜の暮らしのはまぐり堂 de ほっこり ごはん&浜遊び

浜の昼ごはん
スズキのフライが食べたくて
白身はふんわりしっとり、衣はサクサク
絶品☆
タコぽっきんやおむすびも美味しい♪
2020.8.29 夏の思い出
はまぐり堂暮らしの会

今年の夏、とても素敵な場所に行きました
宮城県石巻蛤浜にある「浜の暮らしのはまぐり堂」さん
山形にいたときSNSで知って、ずーっと行きたいなって思ってた
でもコロナのことがあって、せっかく宮城に引っ越してきたのに行けなくて。。
8月の末、夜中に仕事していて何気なくはまぐり堂さんのInstagramを見ていたら、
「暮らしの会」というとっても心惹かれる案内が!

行く

即決・笑

8月29日には、暮らしの会へ
10月24日には、ごはんの日へ
参加してきましたので、イラストと写真でご紹介します♪
※はまぐり堂さんは2020年10月現在不定期営業です

看板
さりげなく置かれている海の宝物が可愛い
縁側のある素敵な古民家
ほっこり、癒されます
ナチュラルテラス
緑がいっぱいで癒されます
畳のお部屋
暮らしの会は、当日完全貸切です
足を伸ばしての〜んびり、当日ご一緒した皆さんやスタッフさんとおしゃべりをしました
海の幸、山の幸のお昼ごはん
スタッフさんも一緒にみんなでごはんをいただきました
とっても美味しくて楽しい時間

暮らしの会には1人で参加したのですが、
ご一緒した皆さんがすごく楽しくて明るくて
はまぐり堂さんのオーナーさんとスタッフさんがとっても素敵な方で
いっぱいおしゃべりしていっぱい笑いました

宮城に引っ越して来てからこんなに笑ったの初めて…
楽しい夏の思い出ができました

コロナのことがあり2020年の春夏は、
これといって楽しいお出かけはできないんじゃないかと思ったこともありましたが
はまぐり堂さんに行って、
わたしの2020年の夏はとっても楽しくて素敵な夏という記憶で上書きされました

浜遊びのときにお気に入りの石を拾って・・・
絵付けして遊びました
楽しかった♡
めっちゃ楽しかった
そして、10月24日 ごはんの日に再訪
この日は、海の色が神秘的ですごく綺麗でした
あぁ
なんて綺麗なんでしょうか
光のあたり具合や雲の流れによって
刻々と海の色や表情が変わります
10月のごはんの日には
オットと2人で行きました
ちょっとだけ海にご挨拶
ごはんの日も完全予約制です
んー、全部美味しい!
食後のおやつ
とってもおしゃれ
はまぐり堂さんに向かう途中でみかけたツリーハウス
気になったので、スタッフさんに尋ねたら、
はまぐり堂さんが作ったものでした
・・・さすがです
もう、いろいろわたしのツボに刺さりすぎです・笑
帰りに登ってみたら、想像以上に高さがあってちょっと足がガクガクしましたが
木に登るなんて、何十年ぶりでしょうか
楽しかった
はまぐり堂さんには
優しい時間が流れている

暮らすって響き、いいなぁって
生活するとか生きるとかより
暮らすってやさしい感じがします

食と暮らしのwebメディアhitotemaさんでもご紹介しています↓
https://hito-tema.net/go-out/17470
【宮城石巻「浜の暮らしのはまぐり堂」浜でゆる〜り過ごす暮らしの会】#東北イイトコ便り
暮らしの会の様子について詳しくレポしていますので、ぜひご参考にしてください

■浜の暮らしのはまぐり堂
宮城県石巻桃浦字蛤浜18
不定期営業(暮らしの会やごはんの日の開催日などは公式サイト等で確認してください)
公式サイト https://www.hamaguridou.com/
Instagram https://www.instagram.com/hamaguridou/

ファンタジックな季節のパフェに魅せられて -仙台植物クラフトmorc-

parfait
という言葉がぴったり
ファンタジック&可憐
パフェグラスのフォルムもなんて美しいのでしょうか
秋のぶどうのパフェ
アールグレイのアイス・・・美味しすぎた・・・
アイス3種の他、ジュレやパンナコッタなどが入っていました

仙台の仙石線あおば通駅から徒歩10分ほどのところにある
「仙台 植物 クラフト morc」さん
仙台のカフェ好きさんたちのインスタに投稿されているのを見て
行ってみたい!
とずーっと思っていました
もうね
このね
季節のパフェがね
なんて素敵なのでしょうか

夏の桃のパフェ
可憐です
うっとり

言葉ではうまく表現することが難しい、このトキメキと感動が
イラストと写真で伝わるといいのですが・・・

・・・あぁ、なんて可愛いの

とても繊細でファンタジックなこちらの季節のパフェ
数種類のスイーツがまるで芸術のように
美しいパフェグラスの中でハーモニーを奏でているのです
・・・もうね
文章で書くの、これぐらいがわたしの限界です
どんなスイーツが組み合わされているのかは、
morcさんのインスタなどで確認してくださいね

さりげなく飾られている雑貨もとても素敵です
焼き菓子も絶品
お持ち帰り用の紙バッグもとっておきたい

店内の雰囲気もセンスあふれる雑貨や器などがあって
お一人様用の席はちょっとした秘密基地みたいな雰囲気もあって
おしゃれで楽しいカフェさんです

ペン入れ後
モノクロのシンプルさも好きなので、この段階でもスキャンしています

運よく、わたしが訪れたときは、席が空いていて待たずに入れましたが、
人気のカフェさんで待つこともあるよう
事前にお席の状況とか尋ねてから訪れた方がいいかもです

■仙台 植物 クラフト morc
仙台市本町2-9-20 BIビル202
Instagram https://www.instagram.com/morc_sendai
※営業情報等の詳細は訪問前にご自身でご確認ください