感じるリアルはオンラインでは分からなかった

【くまはチョコパイを片手に】
まず愛があって
でも、愛だけじゃなくて
哀しくて苦しくて
・・・でもやっぱり愛しくて
ごちゃ混ぜな気持ちが本当だと思う
そういう物語を絵本にしようとしていましたが、、、
あまり進みませんでした・笑

2020年はどんな1年だったろう
大晦日に振り返ってみようとしたけども
・・・
いや、もう、どんなってさ
新コロの1年だった気がします。。
あと、引越しの1年

海外旅行には行けず
国内旅行やお出かけもなんだかビクビク
そんな1年だった

けど、いま、こうして改めてこの1年の自分を振り返って
気づいたことがあります

他者との接触、距離感、会話、食事
そういったことにこれほど神経をすり減らしたことは
これまでありませんでした

直接会って、話すこと
同じ空間に身を置くこと
オンラインじゃなくて
生身に触れて感じること
人も、空間も、場所も、風景も、食べ物も

新コロが与えてくれたものは
(前向きな表現で言うなら)
オンライン会議が可能であることが分かるとか
新しい働き方暮らし方とかあると思うけど
それには基本的に大賛成なんだけど

私がこの1年でつくづく感じたのは
感じるリアルはオンラインでは分からなかった
ということでした

体感できることが素晴らしい
人も場所も
空気の重さも、冷たさも
道路の硬さも、くすみ具合も
自然の儚さも
この身体で触れることが幸せ

それと
ステイホームな時間が多く
お出かけでの刺激が減ったことで
そもそもの自分について考える時間がたくさんありました
自分が今本当にしたいことって何か?
と向き合う時間が多かったというか。。

それで気づいた自分にびっくり、、、というか
動揺した。。

心の奥深くまで見つめると
自分の気持ちに動揺してしまうことがある
もしかしてこれは
勘違いなんじゃないかと思ったりする

新コロが教えてくれたもの
それに、私は動揺しました
あまり認めたくなかったし、勘違いだろうと思おうとした
けど、どうやらそうじゃないらしい

楽しいことや美しいこと
嬉しいことや心地いいこと
そういうもので満たされていれば
幸せかというと
どうやらそうでもないらしい・・・
幸せと感じるかどうかは
優しく温かい真綿のようなものにくるまれていることではなかったみたい


苦しいことも悲しいことも辛いことも含めて
私にとっての幸せは、リアルに体感できるところにある
今は、そう感じています

2021年は、心のままにリアルな体感を増やしていこうと思う
戻りたいと思うところには戻ろうと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA