こどもの日&母の日に子育てをふりかえる

2019夏
息子と二人で台北行ったのが
新コロ前の最後の海外旅行に
台北でいただく小籠包は絶品です
あんこも美味
・・・
台北行きたいなぁ


yuuとふたりだけの母子旅行を初めてしたのは、yuu4歳のグアム
それから、高校3年までの14年間
毎年夏には母子旅行をしてたなぁ
シンガポールが一番多くて、次は沖縄かな
あとは、バリ島、プーケット、台北、函館に何回かずつ

え?
中学3年のときも?
高校3年のときも?
部活とか塾とかどうしてたの?って思いました?


中3の夏は沖縄
高3の夏は台北
yuuは大学受験をしていないということもあるけど、
(高校受験はした)
たぶん、たとえ大学受験したとしても、行ったと思う母子旅行
部活は何日か休んだこともあるけど、学校を休んで行ったことはなかったなぁ
yuuと二人だけの母子旅行はとてもしっくりきてた
母子二人で海外をぶらぶらお散歩していると
すごい開放感があって、心からリラックスできた

こどもの日と母の日が毎年同じ5月にめぐってくるので、
なんとなく自分の子育てを振り返ってしまう

今、19年間の子育てを振り返ってみると
穴があったら入りたい・・・と思うほどに
ダメダメな子育てだったかも。。
と思う気持ちと
yuuと私という組み合わせの親子だったから
結果としてこの子育てになったし、これで良かったのかも・・
という気持ち
半々くらいです


子育ての悩みや難しさって、
大きく分けると2つあったと思う

一つ
こども自身と私自身のこと

二つ
世間体とか学校との関係とか社会との関わりのこと

保育園
小学校
中学校
高校

どのときも、いろんな壁とか苦しみを感じていたけど、
今、つくづく思うのは、
私が子育てが苦しい、つらいって感じていたのって、
二つ目の
社会との関わりの部分が多かったと思う
割合にしたら8割くらいが
保育園や学校、PTA、部活の保護者会やママ友とよばれる人たちとの関係・・・
それに強いストレスを感じていたと思う、うん

yuu自身の性格や能力のことや自分自身が持っているトラウマとかのことについては、
子育てのし辛さみたいなことについて全く悩まなかったわけではないけど、
yuuが受精卵のときから一心同体だったし、
yuuと私は、もうどうしようもないほどにyuuと私なんだよ・・・
と感じていました

だけど、これは私とyuuの組み合わせだからであって、
子供の性格や特性、自分のトラウマなどに深い悩みを持つこともあるだろうな
子育てって、親子の数だけぴったりくるパターンがあると思うのに、
「こうであるべき」
みたいな社会的圧力のカタチがこどもや親にどんどん押し寄せてきて
こどもの不登校とか引きこもりとか親からの虐待のきっかけになるんじゃないのかな
って、
yuuを育てながら思っていました

yuuがどんなでも、これからどうであっても
最終的にyuuに関する責任を負うのは私だからって覚悟決めたら、
かえって気がラクになって、社会との距離を保てるようになったと思う
子育てに普通の概念は一応持っていたほうがいいけど
普通に押しつぶされて、yuuを見失わないようにしようって
途中から強く思っていた
思い出すと鬱々してしまうような出来事もあったし
自然と笑ってしまうような楽しさもあったなぁ

yuuが健康でぐっすり眠って、
ごはんを食べて笑っているのが
結局は、私にとっても一番安心な状態だと思う
・・・19歳でも、そう思う
きっと、yuuが30歳でも40歳でもそう思うんだろうな



アンテナは1本でいい

love ♡ trip

1月2日以来、コチラのサイトを4ヶ月も放置してしまいました(汗
とりあえず、一応、今、盲腸と加齢による変形性関節症(リウマチはちょっと疑い)ですが。。(GWなのに・・・)
まぁまぁ元気です
大病は患っていませんし、1月の末から働いているバイトも続けています
・・・
変形性関節症とやらのせいで、キーボードを打っていても
なんか手首の違和感や指の疲れを感じるわ。。
けど、落ち込んでいても仕方ないし、ブログを書いてみようそうしよう
Mac使うのも久しぶりだなぁ

4月の初め
長野県松本市に日帰りでプチ一人旅してきました
予定を立てず街をぶらぶらと散策するのがとっても楽しい
レトロで素敵な街
バイト先の中庭
好きだなぁこの雰囲気
これがあるから毎日働けるのかも
初遠近両用メガネさま
フレームがとってもお気に入り
バイトしていて気づいたんだけど、、、
小さい文字の書類を長いこと見てから、遠くを見ると霞んでよく見えない。。
というわけで、メガネを新調しました
バイト先の近くに、ツボにドンピシャはまったアジアご飯屋さんをみつけました
ソムタムや生春巻き、ガパオライスやカオマンガイ
美味しいです
後で、イラストを描きたいなぁ

こんな感じでまずまずマイペースに過ごしております

。。。
記事タイトルと書いている中身が合っていませんね(笑
ここから先は、個人的な今の気持ちです

甲府に来てから、めっきりと、、、
お出かけスポットや美味しいものスポットに
アンテナをはったりリサーチをする気持ちが減ってしまいまして。。

お出かけスポットの記事を書くって
アンテナをはってリサーチすることがすごく重要だと思う
知る人ぞ知る
あるいは、
いま人気の、これから人気になりそうな
あるいは、
趣味が合いそうな人から共感してもらえそうな
あるいは、
お得な

そういうのを
意識的、または無意識にいつも探していたような気がする

というか、仕事としてライターするなら
これやらないわけにはいかない気もする
実際に取材したり文章書いたり、写真撮ったり編集したりして
発信する作業ももちろん大変なんだけど、

情報をキャッチする能力と努力
この作業を楽しんで息をするように自然にやっているライターは、たぶん強い


「アンテナをはる」
ということは自分の想像以上にはるかに重労働であったことを
つくづくと感じました
どんな仕事も、このアンテナをはるという作業は重要で、
情報化社会のなかで
知っているのと知らないのとでは、
大きな取りこぼしをしないためには必須だとは思う
けど、、、

疲れてしまったようです
お出かけのためにアンテナをはることに。。
もしかしたら、今はバイトのためにアンテナをはっているから
他のアンテナをはる余裕がないのかもだけど


なーんのアンテナもはらず、上手く生きていくことは難しい世の中だけど
1本くらいでわたしはいっぱいいっぱいみたい、、、
と感じる今日この頃です

仕事としてお出かけ記事を書くのはできないけど、
日々の生活の中でなんとなく見つけたお気に入りを
このブログで紹介していけたらいいなぁとは思う
旅を気軽にできる日がまたきたら、旅日記も書きたい

感じるリアルはオンラインでは分からなかった

【くまはチョコパイを片手に】
まず愛があって
でも、愛だけじゃなくて
哀しくて苦しくて
・・・でもやっぱり愛しくて
ごちゃ混ぜな気持ちが本当だと思う
そういう物語を絵本にしようとしていましたが、、、
あまり進みませんでした・笑

2020年はどんな1年だったろう
大晦日に振り返ってみようとしたけども
・・・
いや、もう、どんなってさ
新コロの1年だった気がします。。
あと、引越しの1年

海外旅行には行けず
国内旅行やお出かけもなんだかビクビク
そんな1年だった

けど、いま、こうして改めてこの1年の自分を振り返って
気づいたことがあります

他者との接触、距離感、会話、食事
そういったことにこれほど神経をすり減らしたことは
これまでありませんでした

直接会って、話すこと
同じ空間に身を置くこと
オンラインじゃなくて
生身に触れて感じること
人も、空間も、場所も、風景も、食べ物も

新コロが与えてくれたものは
(前向きな表現で言うなら)
オンライン会議が可能であることが分かるとか
新しい働き方暮らし方とかあると思うけど
それには基本的に大賛成なんだけど

私がこの1年でつくづく感じたのは
感じるリアルはオンラインでは分からなかった
ということでした

体感できることが素晴らしい
人も場所も
空気の重さも、冷たさも
道路の硬さも、くすみ具合も
自然の儚さも
この身体で触れることが幸せ

それと
ステイホームな時間が多く
お出かけでの刺激が減ったことで
そもそもの自分について考える時間がたくさんありました
自分が今本当にしたいことって何か?
と向き合う時間が多かったというか。。

それで気づいた自分にびっくり、、、というか
動揺した。。

心の奥深くまで見つめると
自分の気持ちに動揺してしまうことがある
もしかしてこれは
勘違いなんじゃないかと思ったりする

新コロが教えてくれたもの
それに、私は動揺しました
あまり認めたくなかったし、勘違いだろうと思おうとした
けど、どうやらそうじゃないらしい

楽しいことや美しいこと
嬉しいことや心地いいこと
そういうもので満たされていれば
幸せかというと
どうやらそうでもないらしい・・・
幸せと感じるかどうかは
優しく温かい真綿のようなものにくるまれていることではなかったみたい


苦しいことも悲しいことも辛いことも含めて
私にとっての幸せは、リアルに体感できるところにある
今は、そう感じています

2021年は、心のままにリアルな体感を増やしていこうと思う
戻りたいと思うところには戻ろうと思う